検索
  • Kobayashi Shoji

Synthesis誌にキノコから単離されたゲラニル-レゾルシノール類の全合成に関する論文(総説)が掲載されました!

更新日:10月16日


ヤマブシタケやサンゴハリタケなど、ベニタケ目サンゴハリタケ科のキノコに特徴的に含まれるゲラニル-レゾルシノール類に関して、全合成をまとめた論文(総説)がSynthesis誌に掲載されました。


過去に発表されていた70化合物を超える天然物を、推定生合成経路や構造によってタイプ1〜タイプ7まで7種に分類し、2021年末までに報告された全合成をまとめました。


自身初の英文総説で、文献調査から全体的な構成・まとめ方までかなり練り上げました。


今もなお続々とキノコから新しい成分が発見されているので、この総説が関連成分を俯瞰する一助となり、これまでの合成研究のまとめとして世界中の科学者に有効活用されることを願っています。