top of page

第103春季年会(2023)で発表しました


3月22日〜25日に東京理科大学 野田キャンパスで開催された「第103春季年会(2023)」において、M1のヘベルト君、長安さん、B4のウィルベルト君が以下の演題で発表しました。


口頭発表

・ワンポットトランスアセタール化/臭素化を鍵とする含臭素アセトゲニンの全合成研究 (ヘベルト)

・エルゴステロールを起点とするきのこ含有酸化代謝物の合成研究 (長安)

・キノコに含まれる酸化型ステロイド類の生合成模倣直接合成 (ウィルベルト)


キャンパス内は桜が満開。

発表終わった頃には外が真っ暗になっていましたが、夜桜見つつ帰途につきました。

年会が終わると、1年終了という感じですね。






Kommentarer


bottom of page